HOME > 南区旅行 > UN記念公園

UN記念公園

UN記念公園

UN記念公園

  • 位置(住所) : 釜山広域市南区UN平和路93(大淵洞)
  • 連絡先 : 051-625-0625
  • 利用時間 : 10月〜4月午前9時〜午後5時、5月〜9月午前9時〜午後6時
  • 特異内容 : 国家指定登録文化財第359号(2007.10.24)
  • ホームページ : http://www.unmck.or.kr

紹介

6.25戦争で戦ったUN軍将兵が捧げた奉仕と犠牲を讚揚するために設置された釜山広域市南区大淵4洞にあるUN記念公園です。ここは、世界平和と自由の大義のために命を捧げた多くの国の英雄的な戦死者が眠っています。

この記念公園は14.7haで、UN軍司令部によって開城、仁川、大田、大邱、密陽、馬山などにあった6ヵ所の墓地から遺体が移葬され始めた1951年1月に設置され、同年4月に奉安されました。

1955年8月、韓国政府は韓国戦争で戦ったUN軍将兵が捧げた奉仕と犠牲を讚揚するために、この墓地の台地をUNに無償で永久寄贈することを決意したことを通知し、これでUN総会は1955年12月、韓国にUN記念公園を設置するための決議案を採択しました。また大韓民国国会は、このUN記念公園を聖地として設定することを政府に建議し、UN総会は上記二つの決議を実行するために、1959年11月UNと大韓民国間で正式協定が締結され、今に至っています。

1951〜1954年の間、この記念公園にはUN軍戦死者約11,000人の遺骸が安置されていましたが、ベルギー、コロンビア、エチオピア、ギリシャ、フィリピン、タイの勇者の遺骸と共に、米国人の遺骸のほとんどと、フランス人とノルウェー人の遺骸の一部が彼らの祖国に移葬され、現在はオーストラリア(281)、カナダ(378)、フランス(44)、オランダ(117)、ニュージーランド(34)、ノルウェー(1)、大韓民国(36)、南アフリカ共和国(11)、トルコ(462)、イギリス(885)、米国(36)と併せて、無名勇士(4)と非戦闘員(11)など、2300人の勇者の遺骸が眠っています。また墓ごとに故人の記録を収めた墓石が置かれ、境内に植えられた苗木のほとんどは、各国政府、各機関と個人によって寄贈されたものです。

UN記念公園



高地には20の小地区がありますが、各地区には韓国戦争に参戦したUN加盟国と大韓民国国旗が年中掲揚され、その国名が個別に青銅碑に表示され、ここを象徴区域と言います。 6.25戦争に参戦したトルコ旅団は墓域の西側に2つの記念碑を立て、その中央にはギリシャ記念碑が立てられています。6.25戦争で戦死したものの、航空機事故などで遺体を見つけられなかった386人の勇士を追悼する英連邦慰霊塔は1965年5月、英国政府が建設し、墓域の低い東側に位置しています。1998年11月、オーストラリアの彫刻家が寄贈したオーストラリアの記念碑は、西側のオーストラリア墓域に、カナダ韓国参戦記念事業会が寄贈したカナダの記念銅像は2001年11月、カナダ墓地に設置されています。

また。墓域の下には1978年10月、韓国政府が建立したUN軍慰霊塔の壁面に参戦軍の支援内容と戦死者の数が銅板に刻まれており、塔の内部には韓国戦で戦死したUN軍戦没将兵らの名簿が所蔵されています。 1964年に建立された追慕館は、参戦各国の様々な宗教的信仰を考慮して韓国の建築家が設計して建築し、オフィスと記念館及び付属建物などは1968年にUNによって造られました。また、東洋式の正門は1966年11月、釜山市民が寄贈したものです。

過去、ここはUN記念墓地と呼ばれてきましたが、管理委員会の協議を経て2001年3月30日からUN記念公園と表記するようになりました。この記念公園は1960年3月からUNが公園管理を引き受けてきましたが、1974年2月からは、ここに戦死者の遺骸が安置された11カ国で構成された在韓UN記念公園管理委員会によって管理されており、管理責任者は同委員会が任命しています。

アクセスガイド

交通情報

  • バス :

    68、134:UN記念公園

  • 都市鉄道 :

    都市鉄道2号線:大淵駅下車