HOME > 南区旅行 > 慶星大博物館

慶星大博物館

慶星大博物館

慶星大博物館

  • 位置(住所) : 釜山広域市南区大淵洞314-79
  • 連絡先 : 051-610-7111
  • 利用時間 : 10:00〜17:00日曜・祝日休館
  • 特異内容 :
  • ホームページ : http://ks.ac.kr/ksmuseum/

紹介

慶星大学博物館は1972年3月にオープンして以来、伽耶文化の中心研究機関として伽耶遺跡の発掘調査に注力している一方、伽耶文化の歴史の復元に必要な重要資料を収集・保管・展示・研究することにより、韓国の古代史、特に伽耶史研究において重要な役割を果たしています。また民俗・綿芸品の収集・保管・展示にも力を注ぎ、韓国伝統文化の継承と保存のための努力にも傾注しています。

一方、こうした遺物は、専門研究者だけでなく、一般学生にも利用させて学問研究の促進を後押ししており、一般市民の教育にも一翼を担っています。

博物館展示室には、各種遺物を通じて先史時代から近代までの歴史と文化を体系的に把握できるように展示しています。特に、三国時代金官伽耶の発掘遺物と、朝鮮時代から近代に至る民俗資料を中心として展示しています。

金官伽耶の遺物は、博物館で発掘調査した金海大成洞古墳群をはじめとする金官伽耶遺跡からの出土品です。これらの遺物の中で、土器を通して金官伽耶の胎動から衰退に至る変化像を見ることができ、その他に鉄器遺物と装飾具類、各種の希少遺物は金官伽耶の文化を示しています。民俗資料は、チェ・ナクソン教授が寄贈した遺物を中心に、朝鮮時代から近代に至る庶民の衣・食・住の生活像と農村生活像を調べることで、私たちの文化のルーツを感られるようにしました。

慶星大博物館

アクセスガイド

交通情報

  • 慶星大・釜慶大駅 :

    マウル:南区1、南区2-1

    慶星大・釜慶大駅(07-170) :

    一般:41、83、83-1、108

    慶星大学(07-013) :

    一般:10、22、24、27、40、41、42、51、83、83-1、108, 急行:1001、1003

    慶星大学 :

    マウル:南区1、南区10

    国民年金管理公団 :

    マウル:南区1

  • 都市鉄道 :

    地下鉄2号線の慶星大・釜慶大駅から4番または6番出口に出ると、すぐに校門前に出ます。