HOME > 南区旅行 > 五六島

五六島

五六島

  • 位置(住所) : 釜山広域市南区龍湖洞936番地(バンペ島)〜941(灯台島)
  • 連絡先 : ヘパランギル釜山観光案内所051-607-6395
  • 利用時間 : -
  • 特異内容 : 国家指定文化財名勝第24号(2007.10.1)
  • ホームページ :

紹介

五六島オリュクトに灯台が開設されたのは 7 0年余り前の1927年である。 1876年釜山港が開港してから釜山の関門である五六島の前を船舶が往来し始め、港湾の所在を知らせる役割をするよう五六島のバッ島 日本名:灯台島 の上に灯台を建てた。五六島が国有地として正式に番地を与えられ土地台帳に登記されたのは、 当時南区長であったカンパンニョン 1986年 氏によってである。 その時まで五六島は公式の帳簿にまったく登記されていなかった。 五六島は釜山湾の北岸スンドゥマルから南南東方向へ並んでいる、奇岩絶壁の6個の岩島からなっている。

竜湖洞の沿海の強い波の中に突き出ているこの島々は陸地から近い順にバンベ島(936番地, 2,166m2)、ソル島(937番地, 5,505m2)、スリ島(938番地, 5,313m2)、ソンゴッ島(939番地, 2,073m2)、クル島(940番地, 9,716m2)、灯台島(941番地, 3,416m2)に分かれる。 この島の形成過程を調べてみると、12万年前までは陸地とつながったひとつの小さな半島だった所が、長久の年月荒波の浸食作用によって、陸地から分離し形成されたと推定される。これは陸地であるスンドゥマルと隣接する島、ソル島の地質的構成が同一であり、昔は陸続きであったということを立証するものとしてこれから推察してみる時、陸地から分離されて形成されたものといえる。

오륙도 이미지



五六島 は広安里段丘に属し、釜山湾一帯の海岸が発達する海成段丘層において最も古いものである。 模式地である広安里一帯には山麓の緩斜面の先端を切断して形成された高度35m、20m、9mの3段の海成段丘が分布しており、その中で最も高い海成面が広安里の段丘として、段丘面は比較的分厚い堆積物で構成されている。堆積物は直径3~5センチメートルの円礫および扁平礫にて構成された海岸礫層として、厳しい風化作用を受け赤色を帯びており、砂利は調査用シャベルでも簡単に崩れるほどの程度である。 堆積物は直径3~5センチメートルの円礫および扁平礫にて構成された海岸礫層として、厳しい風化作用を受け赤色を帯びており、 砂利は調査用シャベルでも簡単に崩れるほどの程度である。

五六島と言う名前の由来はパンペ島とソル島から探してみることができる。五六島の説明図参照これはパンペ島とソル島はその下の部分がほとんどくっついており、干潮のときは ウサク島 と呼ばれるひとつの島に見えるが、満潮の時にはパンペ島とソル島という二つの島に見え、 満潮と干潮によってそれぞれ5,6個の島に見えることからきたものだという。したがってウサク島 パンペ島とソル島 は五六島の命名の基になったといえ、 また地質的構成の成分から見るときに、昔は陸続きであったと言うことを証明する島でもある。 ソンゴッ島 は 尖っている島で大きさは小さい。クル島 は最も大きな島としてそこには大きなクル 洞窟 があり、 その天井からぽとぽとと落ちる水は一人分の飲料水として十分であるという。陸地からもっとも離れている 灯台島 は平坦でパッ島 パッは畑の意味 とも言われたが、灯台が建てられてからは灯台島と呼ばれるようになった。島の中で灯台島を除いた残りの島はすべて無人島である。 五六島の近くは潮流がとても速くて船の航路として危険な所であるために、昔ここを通る船員たちは航海の無事を祈願す るために供え物の米を投げ、海の神をなだめたと伝えられている。五六島は韓国の関門であり、もっとも大きな国際港である釜山港を往来する各種船舶は必ずここを通らなければならないため、 釜山港の象徴でもある。そして釜山の代名詞として通用している五六島は意思の強い釜山市民の気性を表す象徴としての役割を果たしている所でもある。 昔から詩人、文豪たちの言及が絶えなかったここ五六島は今でも多くの人々が訪れる場所であり、釣り場としても愛されている所でもある。

アクセスガイド

  • 五六島遊覧船
    • 運航時間 : 07: 00 ~ 16:00

      * 出港は日の出30分前、日没30分後、1時間間隔で運航しますが、随時出航も可能で、気象予報及び現地の事情により予告なく変更されることがあります。

    • 電話 : 遊覧船チケット売り場051-626-8953

交通情報

  • バス :

    27番、131番:五六島SKビューアパート後門

  • 都市鉄道 :

    都市鉄道2号線(慶星大・釜慶大駅下車)->市内バスに乗換え